女性らしい美しい手先を作るのに欠かすことのできないのがネイルアートです。ネイルアートと一言でいってもその種類は多く、自宅で手軽にできるものからネイルサロンで施術を受ける本格的なものまであります。
その中でも代表的なネイルアートがジェル、スカルプチュア、チップの3種類です。ジェルは爪の上にジェルを乗せた後専用のUVライトの光をあてることでジェルを硬化させてつくるネイルアートです。自爪との密着が強いため一般的なマニキュアに比べても強度があり、水にぬれても剥げてしまうことなく長持ちさせることが可能です。
スカルプチュアは自爪に長さを出すために使われるつけ爪の一種でアクリル樹脂やジェルなどを直接爪に乗せることで爪の長さを延長させます。ただし、装着後2〜3週間立つと自爪が伸びることによって根元に境目ができてしまうため定期的なメンテナンスが必要になります。
チップはあらかじめアートが施してあるネイルチップを接着剤や両面テープを使って爪に直接貼付けるつけ爪のことをいいます。他のネイルに比べても手軽に付け替えができますが、その強度は劣ります。そのため、パーティーなどで一時的に爪を長く見せたい人に多く使用されています。