毎日の家事で手荒れに困っている方は多いです。特に冬場は乾燥による荒れもひどくなりますが、水仕事の多い仕事をしている方や主婦にとって手荒れは深刻な悩みです。手荒れを改善するためにはやはり水仕事と洗剤は大敵になります。洗い物や掃除をする時は必ずゴム手袋を使いましょう。洗剤はできるだけ低刺激のものを使用すると良いですが、低刺激なものを使う時でもゴム手袋を使用して下さい。日中の生活で乾燥が気になったらこまめにハンドクリームをつけて乾燥を防いで下さい。日中はなかなかハンドケアができない場合は寝ている時間を有効活用するのが効果的です。まず寝る前にハンドクリームを塗ります。この時、保湿効果の高いワセリンを塗ってもかまいません。ワセリンは価格も安く、毎日たっぷり使えるので手荒れに困っている人にはぜひおすすめの商品です。しっかりと手にハンドクリームを塗ったら両手を軽くマッサージして血行を高めます。その後手袋をして就寝です。手袋は外出用ではなく保湿ケア用のものを用意して下さい。最近は100円ショップなどでも購入ができます。就寝中に長時間手が保湿されるため、翌朝目覚めた時には手がしっとりとした状態になります。