ジェルネイルはきちんとした方法で落とさなければ爪に負担がかかってしまいます。
爪に負担をかけずにオフするためにはしっかりと除光液をジェルに浸透させることが必要になります。
まず爪のサイズに合わせた大きさにコットンを切って用意しますが、大きすぎると皮膚に負担がかかるのでできるだけ爪の大きさに合わせることが大切です。
ジェルの表面はネイルファイルなどで削って除光液を染み込みやすくし、除光液を含ませたコットンを爪の上に置いて専用のカバーかなければアルミホイルを巻いて10分程度放置します。
このときタオルなどを巻いて温めると落ちやすくなります。
表面を削る時には爪を削ってしまうことがあるので注意しながら行います。
柔らかくなったらウッドスティックでそぎ取りますが、あまり力を入れすぎると爪が傷むのでゆっくり少しずつ行います。
無理やりはがそうとすると爪の表面が一緒にはがれることがあるので、絶対に無理やりしてはいけません。
落ち切らなかった場合はもう一度行いますが、少し残ってしまった場合には綿棒などに除光液を含ませて拭き取ります。
落とした後はネイル用のオイルやクリームなどで保湿ケアをします。
特に爪が生えている根本の部分が大切なので、マッサージしながら付けるようにします。